FC2ブログ

掻い摘んで後ろからばっさり(改

エミルクロニクルオンライン クローバーサーバーでうろつく誤爆剣士の腐れ雑記。                                     貴方の「(´_ゝ`)・・・・・・」をお待ちしています。

掻い摘んで後ろからばっさり:間奏~晩春の幻~

夢を見ていました。
いつになく、カオスな夢でした。


―――それは、かの本ですら食らうことのできなかった、禁断の物語。


さあ、おかしな夢の話でも始めようか。



誰も知らぬなら知らぬ方が良い。
誰も語らぬなら語らぬ方が良い。
掻い摘んで後ろからばっさりと、
世界のページから切り取られる事を選択した、
そんな、一夜の夢の話を。


掻い摘んで後ろからばっさり:間奏~晩春の幻~


その夜、アクロポリスシティはいつになく賑わっていました。
あちらこちらには、幾つかの文字の書かれた紙を手にした人々。
都市のそこかしこに設置されたアイテムボックスには、人だかり。
いつになく商売に熱の入る露店商達に、目当ての品を少しでも安くとゴーレムカタログとにらめっこする冒険者。
募集コメントリストに目を遣れば、資産家と名高い者からなけなしのアイテムを積んだのであろう者まで、取引希望の文字がずらりと並んでいます。

「なんたる。今日はクジの販売日でしたか」

セレンディピティは、アップタウンをぶらぶらと歩きつつ、横目で並ぶ露天を眺めました。
数年前から始まった、冒険者達を対象にしたアイテムクジ。
最近頻繁に行われるようになったそれは、レアアイテムの出難さにえげつないとの声も上がるものの、回を追う毎に魅力的になっていく景品に惹かれ、散財する者もまた増えていました。

(どうせ金も無いから)清貧たれ、をウァテス系として一応の義務と掲げつつも、セレンも欲望に忠実が特性のドミニオン。
飛空庭に小聖堂を預かる身として過ぎる物欲は如何な物かと考えながら、しかし彼女なりに欲しい調度品なども発見してしまい、悩み処です。

「どうせ、かんなさんはクジを引くんだろうけどー…うーん…」

欲しい物があると言っていた友人を思い出し、もし在庫が出るようなら何とか安く譲ってもらえないかと首を捻りますが、彼女が巧く品を引き当てるかは別問題。
悩みながらアップタウンの一角に差し掛かると、見慣れた顔を見付けました。

「こんばんは」

挨拶しつつ、彼女は其処に足を停めます。
聞き馴れない音に傍らを見上げると、白い体をした馬がセレンを見下ろしていました。

「おや」

馬上に居たのは、セレンが籍を置く学園の教師。傍らには彼の最愛の奥方が付き添っています。
見慣れた礼服姿ではなく、豪華な縁取りの衣装は、恐らくクジで引き当てた品なのでしょう。
あらあら眼福、と、夫婦の姿にセレンは口の端を緩めました。
白いドレスの妻を馬上に引き上げようと手を延べる夫も、ふわりと鞍の前側に腰を下ろす妻も、優雅な物です。

夫婦の姿に暫し見とれてから、セレンは募集コメントを開きました。
欲しい調度品のまとめ売りなど出ていないかと目を走らせたところに、教師夫婦の騎乗する馬の相場を見付け、なんたる額よと眉間に皺を寄せます。
途端、高い位置で結った後ろ髪に違和感を感じました。
とっさに髪を押さえて振りかえると、白い馬がセレンの髪をくわえてもしゃもしゃと食んでいます。

「きゃー!?」

本来の色ではなく、黒く染めてしまってはいますが、染毛しても長く伸ばしても艶の良い髪質は、彼女の唯一の自慢です。
馬などに食まれて傷んでは、ましてや噛み切られてしまったりしたら、当分立ちなおれないでしょう。
馬上では面白そうに、「餌はあげないとね」と教師夫婦が笑っています。
この夫婦、顔良いけど、怖い。

――…逃げないと、消される(毛的な意味で)。

セレンが馬の首の届かぬ位置へ移動したのと、騎手が知人の方に首を向けたお陰で、髪を食むターゲットを移した馬を眺めつつ座り込んで息をつくと、頭上にもふんと生暖かい物を感じました。

「…………」

見なくても解ります。
この臭いは、知っています。
…ドラゴにまで目をつけられるとは、なんたる。
今日は、厄日でしょうか。


しかし、彼女はまだ知りません。
この後、もっと衝撃的な出来事が待ち構えているのを。


なし崩しにお邪魔した夫婦の庭を降りると、傍ではまたもや見知った顔が揃っていました。
こちらも話題はクジでしょうか。
新しい髪型、マントに赤いワンピース。見せ合いしつつ、羨ましがりつつ、男女入り混じっての賑わいです。
衣装を貸し借りしたり、馬に載せてもらったり…いや、ちょっと、馬上のでかでかはカオスかと。

そんな中、ふと気付くと、騎士の女性が姿を消しています。
どうしたのかと首を捻っていた時、彼女がアップタウンの向こうから馬を駈って駆けてくるのが見えました。
皆の前で足を停めた馬の、鞍の前に誰かが座っています。

赤いケープのワンピース。
清楚な生成の靴下に、可愛らしい赤い靴。
誰だろう、と、セレンは首を傾げて馬に近寄ります。



そして。
うつ向き加減の、その顔が。
おずおずと上げられ、皆の前に晒け出された、途端。



セレンは、己がかのポルナレフになったような錯覚に陥りました。



あ…ありのまま、今起こった事を話すぜ!

『オゲさんに拉致られてきた人が、ただ事じゃなかった』

な…何を言ってるか、解らねぇと思うが…
俺にもよく解らない…

ひふへの殿堂だとかウェイク☆アップだとか、そんなもんじゃねぇ…

もっと恐ろしい物の片鱗を味わったぜ…



脳裏にはそんな一文が、ドドドドドだとかゴゴゴゴゴだとか激しい効果音と共に流れました。
何かを悟ったような、しかし諦めきれない表情で、馬上の人は遠くを見つめています。



そして、一頻り周りの動揺が治まった、その時。

馬から降りたその人は、きっぱりと居並ぶネタ師に達に宣言しました。


「ネタにしたら―――コメントで荒らす」





彼女は、全てを夢に還そうと、固く誓いました。





夢を見ていました。
いつになく、カオスな夢でした。

白馬の騎士は白いスクール水着。
ヒロインはピンクの下着のワンピース。
マントを翻した馬上の青年に寄り添うのは、鎧の男。
そんな物がめまぐるしく押し寄せる空間で、ネクロリザレクションにターンアンデットを掛け続ける。

そんな、カオスな夢でした。




それは、晩春の夜の、彼女の迷夢。

スポンサーサイト



  1. 2008/04/30(水) 07:01:16|
  2. 小噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<掻い摘んで後ろからばっさり:「Selen」(4) | ホーム | 掻い摘んで後ろからばっさり:「Selen」(3)>>

コメント

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

とりあえず、草生やしておきました。
夢オチにすれば万事解決ってレベルじゃねーぞ!
その勇気に乾杯!完敗!
荒らしてやるちくしょー!!!(笑)(泣)
  1. 2008/05/01(木) 03:28:29 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #vitxglkA
  4. [ 編集]

せっせと更新したと思って来てみたら
レアアイテム披露会の話ですか。
ん~。もっと良い話題があったのでは?
さすがの私でもコメントに困りますね…
んむむ、カオスな夢には違いないでしょうけど。

ステキだと思うのはポルナレフのあたりでしょうか。
バカバカしい台詞回しが、その場で実際に
拉致られてきた人のものすごさを表しています。
しかし、そんな人本当に居るのでしょうか?
いたとしたら、相当な変人なんだなと思いました。


※ヒント:縦読み
  1. 2008/05/01(木) 03:46:26 |
  2. URL |
  3. 名無しマン #vitxglkA
  4. [ 編集]

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『あれだけ言っておけば誰もネタにしないと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思っていたら凄い勢いでネタにされていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    不言実行だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::... イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
  1. 2008/05/01(木) 03:56:02 |
  2. URL |
  3. 名無し君 #vitxglkA
  4. [ 編集]

名無しさん>

「ネタにする」と心の中で思ったなら!
その時、既に行動は終っているんだっ!!

敢えて一つ一つに返信しようかと思って、やめました(
素敵なネタをありがとうございます。
そして、素敵なコメント荒しをありがとうございます。
はとさぶれで咽ました。素で。

あの時拉致られてきた「変な人」に、私は敬意を表すッ!!
  1. 2008/05/01(木) 20:55:25 |
  2. URL |
  3. 日華@ミズノエ #PVsXrJi6
  4. [ 編集]

コメントおもろいな・・・
  1. 2008/05/05(月) 00:29:58 |
  2. URL |
  3. はだし #-
  4. [ 編集]

はだし>
おもしろいひとだもの。
  1. 2008/05/11(日) 18:04:16 |
  2. URL |
  3. 日華@ミズノエ #-
  4. [ 編集]

おまえもなー
  1. 2008/05/12(月) 20:39:31 |
  2. URL |
  3. はだし #-
  4. [ 編集]

はだし>
はだしはそろそろ自分の面白さに気付いたほうが良いとおもうんだ。
  1. 2008/05/13(火) 13:54:19 |
  2. URL |
  3. 日華@ミズノエ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sharifa.blog75.fc2.com/tb.php/66-527bc0e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黐茅日華

Author:黐茅日華


マイナージャンルに走りがちな、頭の固い場末の同人屋。
書いたり描いたり塗ったり縫ったり、ノリと勢いで色々と。
ECO四葉鯖にて温いRPしたりニコ厨したり東方したり。


えrg二次にうっかり手を出す→

メーカーがBL始めて片脚入る→

いつの間にか此処に至る。



/*------------------------*/
(C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています

/*------------------------*/

でこ。

乗った祭りが大規模発展。
ネタ師の本気見てみるか!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する